症状が出たらキケン|糖尿病の恐ろしさと原因から治療まで

医者

早期発見が難しい

悩み

腫瘍マーカーによる検査

胆のうがんは早期発見が難しいがんですが、早期発見すれば治らない病気ではなくなっています。症状が出て発見された場合には手遅れになっているケースが多く見られます。胆のうがんの早期発見のための現段階での最適な方法は腫瘍マーカーによる検査です。胆のうがんは胆のうが厚くなることで発見することが出来ますので、腫瘍マーカーの検査を定期的に受信する必要があります。最近は健康診断にも取り入れられておりますので早期発見につながるケースも少なくありません。町中の診療所でも腫瘍マーカーを設備しているところが増えておりますので、近くの診療所でも受診ができるようになってきています。医学の進歩でがんも早期発見をすれば治るようになってきているので定期的に健康診断を受診する人が増えています。

周辺への転移が早い

胆のうがんが進行すると他の臓器に浸潤してしまいますので、死亡の可能性が増加します。胆のうがんの典型的な症状としては黄疸が見られます。胆のう結石との因果関係はないというのが一般的です。胆のうがんが転移した場合には胆のうを摘出しただけでは効果が少ないことから、手術以外の療法を採用することが一般的です。主に化学療法と放射線療法でがん部分に働きかけを行います。化学療法では複数の薬剤を併用していますが、確立した療法となっていないのが現状です。早期発見をして切除手術を行った場合には進行の段階にもよりますが、一般的にステージ1でしたら、ほとんど治り、ステージ2でも6割以上が5年以上の生存が期待されています。

Copyright© 2015 症状が出たらキケン|糖尿病の恐ろしさと原因から治療までAll Rights Reserved.